税の標語募集

 全国間税会総連合会および神奈川県間税会連合会並びに横浜南間税会では、毎年「税の標語」を会員・非会員を問わず広く募集しています。 応募作品の中から、すぐれた作品には 11月中旬から始まる「税を考える週間」にあわせて、入選作品を発表するとともに、入選者には記念品を添えて表彰をしています。
 この「税の標語」の募集については、国税庁をはじめ神奈川県や、広く租税の啓発活動や租税教育を推進している(財)大蔵財務協会の後援を受けています。

    横浜南間税会平成30年度「税の標語」優秀作品の表彰

 当会では、毎年「税の標語」応募作品の中から、優れた作品を選んで表彰しています。
平成30年の入選作品は、次のとおりです。

○ < 横浜南税務署長表彰>    

    ぼくたちの未来をになう消費税
    

○ < 横浜南間税会会長表彰>  

     消費税私も払える誇らしい
     税金が無いとどうなる考えよう
     暮らしのために学んで活かそうみんなの税金
     目指そうよよりよい未来を税金で
     未来へとたすきをつなぐ消費税
     その税が明るい未来つくりだす
     税金は未来のための国作り
     納税は次の世代への架け橋だ

     税金はよりよい未来をつくるため
     考えよう社会を支える税のこと
     税金は正しく使おうやくそくだ

 応募方法については、事務局にお問い合わせください。
 横浜南間税会事務局  〒235-0011 横浜市磯子区丸山2-24-3
                電話045(751)2241